動物

意外と気づきにくい犬の皮膚病|日常的に予防しよう

ペットがかかりやすい病気

犬

犬の皮膚は薄く敏感肌なので、犬は皮膚病になりやすいといわれています。皮膚病の原因は、アレルギーや体質のほかに栄養不足やストレスなどさまざまあります。皮膚病にならない為にも、普段の食事を見直すことが大切です。実は、犬はドックフードだけでは必要な栄養をきちんと賄えていません。亜鉛などのミネラル成分が不足してしまうと、皮膚が荒れてしまうことがあります。また、腸内環境を整えたあげることで皮膚病を予防したり、治すことができます。腸内には免疫細胞が1番多く集まっています。免疫細胞を正常にさせることで、アレルギーなどにかかりにくい体質を作ることができます。今では、いろんな種類の犬用のサプリメントも販売されており、腸内環境を整えるサプリメントもあるのでおすすめです。

主な犬がかかる皮膚病の種類は、マラセチア皮膚炎、膿皮症、皮膚糸状菌症、アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎があります。マラセチア皮膚炎は、免疫力が低下したり、皮膚の脂質が多くでたときにマラセチアという常在菌が活発化してしまうことによって起きます。膿皮症は、皮膚のバリア機能が低下したり、ダニが皮膚についてしまうことで膿を持ったり、皮膚が小さく腫れてきます。皮膚糸状菌症は、カビの一種である菌が原因で円形の脱毛が起こります。犬に感じるかゆみは少ないですが、フケやカサブタが見られるようになってきます。アレルギー性皮膚炎は、食べ物やダニなどによって起こったアレルギー反応が原因で下痢や皮膚炎といった症状がでてきます。アトピー性皮膚炎は、生まれつき皮膚が弱い犬がなりやすいです。皮膚のバリア機能が低下している為、細菌などによる皮膚炎を起こしやすくなっています。犬のかかりやすい主な皮膚病を事前に知ったうえで日々の対策を心がけましょう。

ペットが亡くなったら

お墓

ペットが亡くなったら、悲しいですが葬儀のことを考えなくてはなりません。自治体に頼むこともできますが、より丁寧な葬儀をしたいのであればペット葬儀会社を利用します。大阪にも数多くのペット葬儀会社がありますが、信頼できる会社を選ぶことが大切です。

もっと読む

ペットの皮膚を健全にする

飼い主とペット

ペットの皮膚の健康状態を損なわせる原因としてはノミダニがあります。これらは外部から寄生するものでペットに取り付き、ペットの皮膚で繁殖します。現在は有効な薬液でノミダニの駆除は容易になっていますが、寄生させないためにも予防することが重要です。

もっと読む

おすすめしたい犬種

ペット

引き締まった体で番犬としても最適なミニチュアピンシャーは多くの小型犬の中でも特に高い人気を集めています。飼うときにはしっかりと運動させることがすすめられており、社会性をきちんと教え込む必要があります。

もっと読む